記事

2005年02月17日

「全てを愛すること」

例えば「批判」よか言う言葉って不思議だと思いませんか?
そのまま読めば、「比べて判る」とか、「比較して、判断する」となるだけですが、
実際には、少し違うイメージを受けてしまうのは、なぜでしょうか?例えば、ネット上で、「何か」について論ずる場合や、
その根拠を明らかにする場合など、
それについて述べている他のサイトの内容について
触れる場合があります。

その場合、でてきそうです「批判」文字通りの事です。
しかし、この場合、そのサイトの管理人についての配慮が欠如した場合。
この「批判」という言葉が一般的な、ネガティブなイメージになってしまいそうです。

この場合、サイトの管理人の間で、当然、トラブルが起る可能性が想像されます。

では、管理人に遠慮して、はっきり言わないのかというとそうではありません。

手法や、方法論ではなく、「全てを愛すること」です。

「はぁ???」

相手のサイトの管理人も含め、その論争を見守っているかもしれない、
そう「閲覧者」も含め全てです。

何か、論争をしている場合、2者間のことだけに陥ってしまいがちですが
この場合は特にです。

そして、論ずることによって生まれる「新しい事実」もこの「全て」に含まれることの一つです

最初の目的は?
いったいなんだったのでしょうか?
相手を論破するのが目的??

いえ違うはずです、互いに、論じ合うとは、相手を尊敬し合い、それによって生まれる
何かを期待して、、、。
又、見守っている閲覧者にとっても有益であるように、、、。
(WWWのシステムとはそういう願いもこめられているのではと私は思います。)

相手や、目に見えない何かにたいして、如何に想像力を働かせ、
真摯な態度でのぞみ、素晴らしい何かを「創造する」

最初の目的は何、そして何を生み出そうとしているかを常に忘れず、
「全てを愛すること」
実際には、非常に難しく、エネルギーのいることですが、
全ての事象に通ずることだと思います。

「生む」とはそういうことだと、、、。

挑戦しつづけるかは、自分しだい。そうありたいと強くつよく心に私は言い聞かせています。



うーん、うまく言い表せたかはわかりませんが、皆さんに、伝わったでしょうか?

この記事は
でも、私には「今」がある
Webでの批判の際の心構え
について、トラックバックしています


















posted by ete at 11:21| Comment(4) | TrackBack(1) | テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、トラバして頂いたブログの管理人です。

一般に、ネット上でのコミュニケーションの難しさは「相手の顔が見えない」ことに起因することが多いと思います。

たとえば、「顔が見えない」のをいいことに、リアルではとても言えないような過激な批判(or 誹謗)をしてしまったり……

その意味で、
>「全てを愛すること」
>目に見えない何かにたいして、如何に想像力を働かせ
というのは、いずれも重要で興味深い視点だと思います。参考になりました。
Posted by D Slender at 2005年02月17日 23:18
こちらの方こそ、ありがとうございました。

WWWの利便性を生かして、
最大限にいい方向に生かしていきたいですね。
Posted by ete at 2005年02月19日 09:03
初めて、コメントいたします。
この記事をよんで感銘を受けた一人です。
記事の内容を少し引用させていただいた上でトラックバックをさせていただけないでしょうか?

こちらの記事の内容がそぐわないようでしたらトラックバックきっていただいて結構です。
こちらの記事の引用文も削除させていただきます。
事後承諾ですがよろしくお願いいたします。
Posted by 白子団 団長 at 2005年02月19日 11:31
トラックバックの記事、読ましていただきました。
人間には、いろいろな状態が心の中にもありますから、難しい問題もでてきますね。システムや技術などは、使う人しだいなのだと、、、。
絶えず、前へ前へ、と共に進んでいきましょう。
このようなトラックバックの記事は大変、光栄です。こちらの方こそありがとうございました。
Posted by ete at 2005年02月20日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

少しまじめな話 団長:
Excerpt: NET上で特に多いと思うのですが、「匿名」という名の盾。 名前が見えないし、その場所に行かないと記事になっていることすらわからない。 私は、「匿名」前提の有名巨大掲示板はあまり見に行きません。 個..
Weblog: 濃厚 白子団
Tracked: 2005-02-19 11:32
△ページTopへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。